So-net無料ブログ作成

第2回 [ラストソングを聴く会]

今夜も 「ラストソングを聴く会」 へようこそ♪

さて、、、
今夜の1枚目は、カーラ・ボノフ (Karla Bonoff)の1979年リリースの2ndアルバム 「Restless Nights (ささやく夜)」です。
彼女を知ったきっかけは、高校2年の時のFM番組でした。初めて “Trouble Again (涙に染めて)” を聴いてひと目惚れならぬ一聴惚れ(?)をし、収録アルバムである2ndを買いました。
それ以来、30年以上聴き続けてきましたが、今でも味わい深いアルバムですね。。。

カーラ・ボノフ.jpg
このアルバムのラストソングは、“The Water Is Wide (悲しみの水辺)” という名曲です。(この曲は、スコットランドの民謡らしいです。)
この曲で彼女を支えるミュージシャンは、バックコーラスとしてジェームズ・テイラー、J.D.サウザー。そしてザ・バンドのガース・ハドソンが途中からアコーディオンで加わってくるのですが、何とも哀愁を帯びていて一層曲に引き込まれていきます。。。

The Water Is Wide (悲しみの水辺) / Karla Bonoff


お次は、、、
パット・ベネターの1981年リリースの3rdアルバム 「Prcious Time」 です。

パット・ベネター.jpg
彼女を知ったきっかけは、やっぱりFMです。FMってホント貴重な情報源だったんですよね。。。それでFMで初めて “Heartbreaker” を聴いたときは、ガツーンとやられた感じでした。もう根こそぎ持って行かれた、みたいな・・・。それでデビューアルバム 「In the Heat of the Night」 を買い、パット・ワールドへ浸っていったわけです♪
(彼女のバンドのギター、ニール・ジェラルドもGooood!)

今夜取り上げる3rdアルバム 「Precious Time」 のラスト・ソングは、“Helter Skelter” です。
この曲は、ビートルズがオリジナルで本家ではポールが歌っていますが、実に多くのミュージシャンにカヴァーされています。(モトリー・クルー、エアロスミス、ボン・ジョヴィ、U2など)

でも、、、
パットがNO.1だぜ!!!

Hleter Skelter / Pat Benatar


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。